墓地の歴史をみる

お墓は逝去した人が眠る場所です。
誰もが分かるお墓、時代とともにお墓も様々な形をしたり機能を持ったりしていますが、お墓は古くからその持つ意味は同じです。


そしてそれは、日本のみならず世界各国でもお墓が存在するほど。
人間が生きて生きて人生を全うするには必要なものなのです。
古くは縄文時代にまでさかのぼった時代から私たち人間はお墓を作り死人を敬ってきました。
歴史の古い順にどのようなお墓があるのかを紹介します。
縄文・弥生時代では歴史の教科書にも説明があるほど誰もが知っている形かもしれません。
この時代には、埋葬が主です。
今のように火葬にする技術がないということもあり、埋葬をそのまま土に埋めます。
埋葬は儀式として 行われます。


弥生時代には、埋葬時に銅鏡や銅剣など当時宝物や価値のあるものを一緒に埋葬していきました。
そして、古墳時代。
前方後円墳はとっても有名で歴史の教科書には必ず出てくるほどです。
この当時は大きな墓地を作り、共同墓地としていました。
この古墳の中にも、鉄製の刀や食器などが一緒に埋葬されていました。


この辺りまではほとんどが土葬だったのですが、大化の改新ぐらいから火葬が主になってきました。
そこからは、火葬が主流になり、近世、近代、現代いずれも火葬とされています。
現代では、火葬し遺骨を墓地を造ります。
どの時代でも形は違ってもお墓を造り、故人を弔うことは人間に生まれたからこそとも言えるのでしょう。


お墓の歴史を見てみましょう。


※注目関連サイト
墓石を適正価格で販売し、お墓のリフォームプランの案内もしているサイトです → 墓石

Copyright © 2014 墓地の歴史 All Rights Reserved.